FC2ブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示


愛用の家具たち↓↓↓↓↓↓↓↓















愛用のスキンケア↓↓↓↓↓↓↓↓





【お酒のつまみ】40歳を過ぎたらお酒のお供も健康的に

我が家は夫も私もビールが好きです。

普段はゆっくり飲む時間はありませんが、たまに週末くらいは、子供達が寝た後に少しゆっくりビールを飲みたいなと思います。

最近夫がハマっているビールのおつまみは、納豆にキムチを混ぜて、海苔で巻いて食べるというものです。

特に調味料は入れず、ただキムチと納豆を混ぜただけです。



以前はついついスナックとか、やや健康的ではない、そして太りそうなもので軽く一杯という感じがでしたが、最近はめっきりこのパターンにハマっています。

美味しいですし、身体にもスナックより何倍も良さげです。

海苔を乗せてるイッタラのカステヘルミのプレート10cmは何かと便利ですが、ちょこっとだけ難ありで、今ならプロキッチンさんでお安くなっています。






ついついビールを沢山飲んでしまうと朝が辛いのでほどほどを心がけていますが.....



【最高級のコーヒー豆】ジャコウネコの糞から採取するという貴重なコーヒーとは?

世界一高価なコーヒーと言われるジャコウネコのコーヒーを頂きました。

シベットコーヒーです。



なぜ高価かというと、そのコーヒー豆は、ジャコウネコの糞から採取されるため、大変希少なものだからです!

でも、なぜわざわざジャコウネコの糞から?と最初は思いました。

ジャコウネコは最も熟した美味しいコーヒー豆しか食べない習性を持っているのだそうです。

そして、ジャコウネコのジャコウネコの尾の近くから出る分泌物「シベット」は、ジャコウネコ1匹から10日ごとに約10gしか採取出来ないため、非常に希少価値が高いもので、動物性の香料として、また漢方としても珍重されてきたものだということで、

つまり

シベットコーヒーとは、もっとも熟した美味しい豆を特別な分泌物を出す事ができるジャコウネコの体内で発酵させたコーヒー豆のことです。

ジャコウネコの糞の中のさらに未消化の豆を選別し、洗って、焙煎するので、衛生的にはぜんぜん大丈夫ですよね。ですが、糞の中から採取すると聞かされると、なかなかインパクトがあります......。

でも、「糞から採取」というインパクトは、実際に豆を見て吹き飛びました。





とっても綺麗な形の豆です。
そして、本当にとってもいい香りがしました。

パンフレットにアイスコーヒーがオススメと書いてあったので、ドリップで淹れた後に氷で直ぐ急冷して、アイスコーヒーにしてみました。

我が家は毎朝コーヒーを飲んでいますが、最高級コーヒーなので、シベットコーヒーは、週末ゆっくり味わうために昼間に淹れてみました。

お店で飲めば、一杯数千円もするそうです。



とても綺麗な色です。
味はというと、まったくクセがなく、どんどん飲めてしまう感じです。

豆の量は普通のコーヒー豆より少なめでいいそうですが、今回は少しだけ薄い気がしたので、豆の量を調整しながら楽しみたいと思います。

イーグルアイ・フィリピーノ エクーアファンサイト参加中

大駱駝艦「灰の人」

大駱駝艦

3月21日に世田谷パブリックシアターにて
大駱駝艦の公演を観に出かけた。

タイミングが合えば、旦那と楽しみに観に行く大駱駝艦の公演。
今回もとても楽しみにしていた。

3月11日に大地震が発生して以来多くのコンサートや公演が
延期や中止になっていたので公演実施されることを知って嬉しく思った。

こんなときであるので、安全上の問題もあるだろうと思うが
皆が暗くなって、自粛ムードになるのもあまりいいことではない気がする。
極力いつも通りの生活を送ることもまた、今私たちにできることだと思う。

大駱駝艦のメンバーの友人は実家が宮城県で被災している。
そんな彼女への応援の気持ちも少しあり、必ず今回は行こうと決めていた。

15時からの最終公演。
粛々して、少しいつもと違う雰囲気ではあったが、
見入ってしまったのはいつもとかわらない。
ただ、いつもよりマイルドな、少し優雅な舞踏だった。

そして、いつものようにこの日常とは違う別の空間にいるなあという
気持ちいい錯覚に酔いながら、時間が過ぎていった。

最近、胎動を感じ始めていたのだけど、
お腹の子供も少し興奮して、活発だったのが
なんだかおかしかった。

東北関東大地震

オムライス

東北関東大地震がおきてから2週間が経とうとしている。
日本全体がどんよりとしている。
直接の被災地ではなくても、とても暗く緊張した空気が流れている。
毎日の単調な報道も、余震もだんだんと麻痺していく感覚に襲われる。

2011年3月11日(金)は、この後もずっと語り継がれる日にちになるんだろうと思う。
地震当日は、家にいて強い揺れに相当不安な気持ちになったものの、結果としては
幸いなことに、大きな被害もなく、断水などのその後の被害もないまま暮らすことができている。
計画停電やその後の度重なる余震、物不足で多少不便は感じるものの、
本当に平和な日々を過ごしていることに後ろめたささえ感じる日々だ。

この地震で知らなかったことがたくさんあったのだと知った。
そして、知ろうとしていなかったこともたくさんあった。
日本の電力の少なくない量を原子力に頼っていた。
危険な原子力を東北の沿岸地域に任せて、首都圏は使用する側にまわっていた。

電気は備蓄できないそうだ。
消費電力のピークの時間を外して電気を使用することが
一番の節電効果につながるという。

福島原発の事故が起きてから、情報が毎日更新される。
何が本当かわからない。

時には、疑うことも大切だけど、
今は、専門家や政治家を信じようと思う。

お腹に子供がいるとナーバスになるけれど、
この子は、これからこの日本で育っていかなくてはいけない。
親の責任として、正しい判断を下してあげることはもちろん大切だけど、
この日本の専門家や政治家が「大丈夫」だと言っているのだから
今は、信じるしかない。

原発事故が起きてから関西方面へ一時避難するように
親戚などから誘いが多いのだけど、今はここにとどまろうと思っている。

日々は続いていく。
だけど、突然なくなってしまうこともあるのだという事実は
人を少し優しくしてくれるのだと思う。
日々に追われて、忘れがちなことを改めて気づかせてた。


天満敦子さんのヴァイオリンコンサート

3月5日(土)に世界的に有名なヴァイオリニスト天満敦子さんの
ヴァイオリンコンサートへ行ってきた。
天満敦子さんの公式HP

とても有名な方なのに、今回は、小さな大学の図書館のホール。
(日本橋学館大学図書館)
入場は無料で、200人ほどがひしめき合う中の演奏だった。
お昼過ぎの14時からなので、もしかして眠ってしまうかもと
心配したが、1時間30分ほどの講演はあっという間に終わった。
曲目は下記でした。

アダージョ:バッハ
スワニー河:フォスター
アメイジング・グレイス:黒人霊歌(和田薫編)
トロイメライ:シューマン
タイスの瞑想曲:マスネ
ねむの木の子守歌:山本正美
中国地方の子守歌岡山県民謡ー山田耕筰(和田薫編)
夢のあとに:フォーレ
ホーム・スイート・ホーム:ビショップ(ファーマー編)
望郷のバラード:ポルムベスク
ジュピター:ホルスト

使用のヴァイオリンはアントニオ・ストラディヴァリウス晩年の名作。
弓は伝説の巨匠ウージェーヌ・イザイ遺愛の名弓だそう。
ストラディヴァリウスの音色を生で初めて聞いたと思う。
ストラディヴァリウスというのは、
天満さん曰く、世界に150~200くらいしか現存していないのではないかと。
そして、値段は1億円以下のものはないそう。
弓も高いものは数千万円するというからびっくりだ。
目の前のヴァイオリンがそんなに高いなんで、少し緊張した。

余談だが、ヴァイオリンの弓の毛は馬のしっぽの毛なのだそうで、
馬のしっぽの毛だけば、左右の動きに耐えられるという。
人間の髪の毛も触ってみると一方通行だから、なんで馬のしっぽは両方OKなのか
不思議だけど、発見した人はすごい。

素人には音色の批評はできないけれど、とてもいい気分に浸れたし
リラックスできた。いい胎教にもなったかもしれない。

天満さんという方はとても天真爛漫で、
途中のお話もとてもおもしろかった。
とてもすばらしい時間を過ごしました。