このエントリーをはてなブックマークに追加
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示


愛用の家具たち↓↓↓↓↓↓↓↓















愛用のスキンケア↓↓↓↓↓↓↓↓





【こども園】幼稚園と保育園が一緒になった制度です

我が家の子供達は、27年度からスタートしたこども園に通っています。

幼稚園と保育園が一体化した制度です。
子供達が通うのは、元々幼稚園だったところに保育園機能を足した園です。

昼間14時までは幼稚園児として
そこから19時30分までは延長の保育園児として
子供達を預かってくれます。
※ウチの園は18時から延長料金を取られる形です
それ以外の料金は普通の認定保育園同様に
世帯所得に応じて決まります。

専業主婦のお母さんたちでも簡単な申し込みで
いつでも14時以降の延期を使用する事が可能です。

働いているとい証明がなくても
息抜きでも、どの様な目的でも
使用できるというのは良い制度だと思います。

非常勤でも、週1回のパートタイムでも可能です。
堅苦しい枠組みがなく、小さい子供を持つ女性がもっと自由に時間を使う事ができたら
この国はもっと豊かになるのになと思ったりします。
幼稚園、保育園の別がある方がおかしく思います。
働いていても働いていなくても
お母さん達は日々忙しいです。でも、
ひとりの人間であることは、お父さんや
他の大人と違いはなく、お母さんだからといって
必要以上にストイックな日々を送らなければいけんしわけではないと思います。
お母さんだって、もっと自由に
自分を楽しむ時間があってもいいなと。

私は、長女の妊娠出産のタイミングで
一度仕事を辞めて、長男が産まれ、復職するまで
数年間、専業主婦をしていました。

家事や子育ての煩雑さは、
働いているいないに関係なく、
どちらも、それぞれ違う大変さと
日々向き合っているのだという実感があります。

だから、たまに「幼稚園ママvs保育園ママ」
という記事などを目にすると残念な気持ちになります。
どちらも「ママ」である事は変わりがなく
子供達と真剣に向き合っている限り
一緒にいる時間の「長さ」ではなく
「深さ」が大事だと思うのです。
真剣に自分の日々を過ごし、真剣に子供達と向き合うことを諦めなければ、
どの様な親子の関係でも良好であるはずです。

こども園はまだ始まったばかりの制度ですが
これがスタンダードになって幼稚園保育園の垣根が
無くなればいいのにと私は思います。

ただ、私の住んでいる千葉県柏市も
駅の近くの保育園は入るのになかなか苦労しました。
お姉ちゃんは初年度で2歳児枠の残り1枠に滑り込みできたのですが、
弟くんは、認可外の別の保育園に通うことになりました。

認可外ですと、ただでさえ高い保育料に
2人目半額が適用されません......。
少しの補助金が出るのみでした。
さらに、別々の園に兄弟が通うことで
移動距離が倍となり、送り迎えに要する時間が
日々の重荷としてのしかかりました。

復職後の慣れない仕事に、別々の園。
復職して1年間は今思えば、よく乗り切ったと思います。
認可外に1年間通ったことで、点数を稼げたため
運良く2年目からは、兄弟同じこども園に通う事が出来ました。

今では、兄弟仲良く一緒の園です。

私は、お迎えがほぼだいたい最後の方なので
ひとりで寂しく待っているわけではない
2人で待っているというのが
最初は、とても心強く嬉しかったです。

今では、遊びに集中し過ぎて、迎えに行っても
2人とも、なかなか帰ってくれませんが.....。

このエントリーをはてなブックマークに追加



ワーキングマザーランキング

スポンサーリンク

Comment

非公開コメント