このエントリーをはてなブックマークに追加
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示


愛用の家具たち↓↓↓↓↓↓↓↓















愛用のスキンケア↓↓↓↓↓↓↓↓





【平日のタイムテーブル】郊外に住むフルタイムで働くワーキングマザーの平日の1日の流れ

私は、フルタイムで9時から6時まで働いているので、平日は、時間のロスがないようにルーティンを心掛けています。決められた時間に決められたミッションを実行する、その方が気持ちも楽ですし、決めておかないと、あっという間にバタバタと1日が過ぎ去ってしまいます。
通勤に片道1時間ほどかかるので、ある意味その時間は貴重なひとり時間です。
電車に揺られながらひとりでゆっくり考えられる貴重な時間。ブログの更新などもここで行うことが多いです。

平日の一日のタイムテーブルはザックリとこんな感じです。

  • 5:00           起床

  • 5:30~5:45までに   自分の支度(着替えとメイク)終了

  • 6:30までに       子供たちのこども園の用意と朝ごはん作り完了

  • 6:30~6:45      子供たちと夫を起こす

  • 7:45~7:15      朝ごはんを食べる

  • 7:25          家を出る
    ※朝の送りは、基本的に夫の仕事

  • 9:00~18:00  仕事

  • 18:00   急いで会社を出る

  • 19:10   こども園到着、子供たちをピックアップ

  • 19:30   帰宅

  • 19:30~20:00 夕食準備 帰宅

  • 20:00   夕食

  • 20:30~21:00   夕食後お風呂に入る

  • 21:30~22:00   子供たちが就寝

  • 22:00~23:00   夜家事(洗濯と片付け)
    洗濯をしない日の1時間2時間ほどは自分の時間

  • 24:00までに   就寝



都内から柏の駅に着く頃は19時過ぎこの季節だともうすっかり夜です。
”柏駅南口の風景”/


下の子が3歳になった頃から、平日の子供たちの寝かしつけがなくなりました。「おやすみなさい」を言ったら、基本的に2人で寝ます。ママはたくさんやることが多くて大変だということを子供たちなりに理解して、協力してくれているのだと思います。そして、兄弟が仲良く、お風呂から寝るまで、ずっとおしゃべりしています。寝る時も一緒に寝ようと相談して、こちょこちょとだいたいあっさり寝てしまいます。本当に、子供たちに助けられていると感じます。だから、少し傍にいてほしいなどのリクエストがある時はできるだけ、応えられるようにしています。休日はいつも大人がいて欲しいというので、休日のみ寝かしつけの時間があります。

子供ができるまで、朝の早起きが苦手でした。苦手だった自分が嘘のように、今は毎朝、早朝に起きています。5時に起きるということは、もう逃げられない事実で「あともう少し寝たい」を諦めるというより、その選択はないと決めるとキツイ日もありますが、わりと全然寝坊なしで頑張れるものです。案外やってみると簡単にできてしまうこともあります。考え方ひとつで、楽になることもあります。

もっと早くに早起きの習慣ができていればもっと充実した若い日々を送れたかなとも思いますが、それは、たぶん無理、今の早起きは、子供のおかげです。早起きが苦手だった若いころの自分は、あとちょっと寝ることを諦めることなんてできなかったなと思うのです。こんな小さな変化も、私でも母になったんだという実感として今の私を支えてくれる礎かなと思ったりするのです。
毎日の家事は、日々のルーティンと自分に課したとしても、時々、なんで私ばかりとも思うこともあります。共働きなのに、フルタイムなのに残業も収入も多い夫は、普段はほぼ家事はしません。しないことばかりに目を向けていると苦しくなるものです。「なぜ私ばかり」と不満ばかりが募るものです。夫は、朝の子供たちの送りは基本的にしてくれます。してくれることあったねと、これは本当に助かるといつも呪文のように思うことにしています。


気持ちが行き詰ったときに「北欧暮らしの道具店」大平一枝(おおだいらかずえ)さんのエッセイ「家のなかの、ちょっぴり面倒なこと」を読み返します。気持ちがすさんだ時に読むと救われるような気持になる名エッセイだと思います。特に最後の第6話が私は大好きです。
子育てを経験してきた先輩から、子育ての真っただ中で何か見えなくなってしまっている自分に対して発せられるアドバイスは、素直に心に入ってきますし、気持ちが少し楽になります。

そういうたくさんの失敗の日々を経て、心地良いというのは、自分が笑顔でいればいいんだということに気づいた。夕食がインスタントラーメンでも、部屋が多少散らかっていても、取り込んだ洗濯物が山と積まれていたとしても、私が笑っていればだいたい家族は落ち着く。家族の間に丸く穏やかな空気が流れる。それが我が家の「心地良い」ってことだ。



↓ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして頂けると更新の励みになります。どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m


ワーキングマザーランキング

スポンサーリンク

Comment

非公開コメント