FC2ブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示


愛用の家具たち↓↓↓↓↓↓↓↓















愛用のスキンケア↓↓↓↓↓↓↓↓





東北関東大地震

オムライス

東北関東大地震がおきてから2週間が経とうとしている。
日本全体がどんよりとしている。
直接の被災地ではなくても、とても暗く緊張した空気が流れている。
毎日の単調な報道も、余震もだんだんと麻痺していく感覚に襲われる。

2011年3月11日(金)は、この後もずっと語り継がれる日にちになるんだろうと思う。
地震当日は、家にいて強い揺れに相当不安な気持ちになったものの、結果としては
幸いなことに、大きな被害もなく、断水などのその後の被害もないまま暮らすことができている。
計画停電やその後の度重なる余震、物不足で多少不便は感じるものの、
本当に平和な日々を過ごしていることに後ろめたささえ感じる日々だ。

この地震で知らなかったことがたくさんあったのだと知った。
そして、知ろうとしていなかったこともたくさんあった。
日本の電力の少なくない量を原子力に頼っていた。
危険な原子力を東北の沿岸地域に任せて、首都圏は使用する側にまわっていた。

電気は備蓄できないそうだ。
消費電力のピークの時間を外して電気を使用することが
一番の節電効果につながるという。

福島原発の事故が起きてから、情報が毎日更新される。
何が本当かわからない。

時には、疑うことも大切だけど、
今は、専門家や政治家を信じようと思う。

お腹に子供がいるとナーバスになるけれど、
この子は、これからこの日本で育っていかなくてはいけない。
親の責任として、正しい判断を下してあげることはもちろん大切だけど、
この日本の専門家や政治家が「大丈夫」だと言っているのだから
今は、信じるしかない。

原発事故が起きてから関西方面へ一時避難するように
親戚などから誘いが多いのだけど、今はここにとどまろうと思っている。

日々は続いていく。
だけど、突然なくなってしまうこともあるのだという事実は
人を少し優しくしてくれるのだと思う。
日々に追われて、忘れがちなことを改めて気づかせてた。


スポンサーリンク

Comment

非公開コメント